ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

社会的な成功やお金は、少し鈍感なレイヤーにある

2013/05/12

病院外で会った繊細な人 芸能人

今まで病院以外で会った人の中で一番繊細だと思ったのは、映画撮影のロケでご一緒した斉藤洋介さんという俳優だ。

こんなに繊細でよく社会生活が出来るな・・・って感じ。

でも、待って・・・。

あれ?

それ以上に繊細な僕は何者?

よく社会生活出来てるな・・・。

と、ちょっと考えてしまったことがある。

初回の入院から退院するときに「キミは一生病院暮らしかと思っていた」と看護師に言われたし、ちょっと人生の歯車が狂っていたら、そうなっていた可能性は大きいように思う。

病院外で会った繊細な人 アーティスト

海外ではアートフィールドで働いていた。

世界的に有名な○○という人とも結構会ってるらしい。

アーティストは繊細だと思っていた。

しかし、僕ら統合失調症になるほど繊細で社会生活を営むことが困難になるほどではない。

僕の中では「病院にいる人 > 芸能人 > アーティスト」の順で繊細だ。

出来る人たち

僧侶の世界では「出来る人たち」の中で修行研鑽を重ねることになった。

その世界では、高いレベルのアイコンタクトを使ってみんなの動きを合わせる。

みんなが統合失調症になるほどの繊細さを持っていたら、アイコンタクトではなく感情のコンタクトを使うんだろうなって思う。

「この人の心の動きに合わせて、動きを合わせて下さい」って感じで。

社会的な成功やお金は、少し鈍感なレイヤーにある

社会的な成功や金銭的な豊かさを求めて、より繊細なレイヤーを求めたとしても、意味がないんだって分かってきた。

病気になるほどの繊細さを持って、それに更に磨きをかけたとしても、一般の人は分からないじゃん!!

むしろ、繊細さを求めるよりも、多少鈍感なレイヤーに社会的な成功や金銭的な豊かさの泉が溢れているようだ。

方向性を間違わなかったとしたら、社会的に大成功し金銭的にも豊かになれる人が、統合失調症を発症した人の中から生まれてくるんじゃいかな。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ