ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ライフワークの見つけ方

2014/10/04

今、僕がライフワークと感じているのは、このブログを通して統合失調症で苦しむ人を1人でも減らしたいということ、僧侶の研鑽、芸術映像関係だ。

考えてみると、それらには共通点があるようだ。

 

奇跡的に環境が整う
しかも楽しいから努力なしにトントン拍子に進む

まず、奇跡的に環境が整って、自分が求めなくても、それをやらないと済まないという状況がやってくることが多い。

 

統合失調症になったということは、統合失調症について考えざるを得ない状況を生んだ。

統合失調症について書くということは自分にとっては、内面をさらけ出すから辛いことも多いけど、基本は楽しいんだろう。

これだけの情報を更新できたのは辛酸を嘗めた努力ではなく、楽しいから自然と出来上がったという感じだ。

 

田舎に住んでいる僕が、北京に呼ばれ、ウィーンに引き抜かれ、わずか4年足らずでアートフィールドの最高峰に近い場所で仕事が出来たというのは、常識的に考えれば奇跡的なことだ。

日本に帰ってきてからは、デザインやweb作成や結婚式のプロフィールビデオなどの仕事をよく頼まれる。

徹夜続きになったりもするが、パソコンの前にボーッと座っていると神が僕を動かして、自然と作品が出来上がっているような、ある種アーティストが求める理想の状態になることも多い。

これも努力ではない。

楽しいのだ。

 

僧侶の研鑽では法式といって主に威儀作法を学ぶ世界にいるのだが、これも自分でやろうと思ったというよりは、ある時期からトントン拍子に人脈が生まれ環境が整った感じだ。

その道に入ってから、これもわずか3年足らずで宗門の最高峰の教学の場で修行できるようになった。

僧侶の研鑽も体力的には相当に厳しいし勉強しないといけないことも山ほどあるけど、日本の伝統を継承していくということが楽しいのだろう。

また修行する仲間は「戦友」とでも呼べるような深い絆で結ばれる。

それもまた楽しい。

 

奇跡的に環境が整い、それが楽しく、そのうちに金銭的収入も得られるようになるならライフワークと考えて間違いないのではないかな。

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ