ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

ちょっと待とう

2016/11/04

欝の人は最悪のときに重大な決断をしがちで、更なる深みにはまりやすいと聞いたことがある。

重大な決断をするには大きなパワーが必要だが、気分が最悪のときというのは、「このままじゃダメだ!」という焦りや不安が増幅されて、その大きなマイナスのエネルギーで決断をしてしまうからだろう。

ネガティブな力を原動力としているのだから、その結果は望むべきものにならないのは、容易に推測できる。

 

精神状態が悪いときに行動しがち

欝に限らず、怒りの最高潮で怒鳴ったり、人間は精神状態が最悪のときに衝動的に行動して大きな失敗をしがちだ。

ネガティブな想念は強ければ強いほど、自分を動かす大きな力ともなるから。

焦るとき、不安なとき、怒っているとき、興奮しているとき、気分が落ち込むときなど、自分の心を見つめ意識して、ちょっと待つことだ。

そして、ネガティブな気分が去ったら、冷静に判断し行動するだけの、心理的ゆとりを持てれば、理想的な状況に持って行きやすい。

ちょっとだけ待ってみよう!

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ