ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

1日に1歩進むだけで大満足!

2015/09/12

北京ではメディアアートという、当時世界で最先端の芸術の場にいた。

そこでの仕事は、スピード命!

誰よりも斬新なアイディアを革新的なテクノロジーで実現すること!

それに勝る至上命題はなかった。

 

そのため、日本に帰ってくると、まず、そのスピードの遅さに愕然とした・・・。

僕らが一晩でやることを1ヶ月経っても終わらせることが出来ないような・・・。

海外生活と帰国後しばらくは、「革新的な技術の生み出す効率とスピード」が人類の幸福を約束するもので、そのためには極限の努力をして追いかけるべき!と信じて疑わなかったから、肉体と精神を酷使して限界が来たら眠る、というような今考えると理想の対極にあるスタイルで生きていた。

 

僧侶の世界

僧侶の資格は海外に行く前に取得してたのだが、本格的に僧侶の道に入ったと言えるのは、日本に帰ってきてしばらくしてからだ。

僧侶は「伝統的な日本の文化を継承する」という立場でもあり、時間的にも金銭的にもゆとりのある人が多いからか、そのスピードは現代人のものよりもかなりゆるやかだ。

最初は苦痛で、イライラしたり、戸惑ったりもしたが、そのスピードに慣れてくると、そのぐらいゆとりを持たないと人間本来の力を存分に発揮出来ないのだろうと分かってきた。

 

「焦り」と「不安」

なぜ、現代人がスピードと効率ばかりを求めるのか?

それは恐らく、「誰よりも速く成長・拡大し利益や名声を得るためには、効率とスピードを求めないといけない」とでもいうような、根底に漠然とした「不安」と「焦り」があるからだと思う。

 

統合失調症で内省

幸いにも統合失調症になって、自己を深く見つめる機会を得ると、あるとき「焦り」と「不安」が心の中からフッとなくなった。

そうなると、あれだけ「可能な限りたくさん書かなきゃ!」とどれだけ更新しても満足出来なかったブログも、1日1つ書けば大満足で、それ以上書く必要はないやと感じるようになり、生活のあらゆる場面で1日に1歩進めば「大満足」を感じるようになった。

 

1日に1歩進めば充分で大満足!

「焦り」や「不安」がない状態では、1日に1歩だけ進めばそれで充分なのだ。

それだけで大満足だし、1日に1番やりたいことかつ1番すべきことをこなしているのだから、ストレスは少ないし、効率は格段に好い。

長期的な視点で考えると、1日に1歩進むやり方が遠くまでストレスなく楽しく行ける。

人生は長いから(笑)

 

問題は心の在り方

1日に1歩しか進まないことに「不安」や「焦り」を感じてしまうとすれば、それは「もっと効率良く大量にこなさないといけない!努力が足りない!!」ということではなく、満足出来ない心の在り方に問題があるということで、課題をこなすよりも自己の奥深くを観察して心の在り方を変えていくことが求められる。

 

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ