ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

「今すぐ!」という想いは現実化を遠ざける

2013/08/15

僕は急に統合失調症の陽性症状になって、その後長い陰性症状で苦しんだ。

普通に22歳の生活をしていて、急に陰性症状で何も出来なくなったから、「何でも普通に出来ていた自分」というのを鮮明に覚えていて、「今すぐ!病気から回復したい!!」という気分は強かった。

しかし、その「今すぐ!」という気分が僕を回復から遠ざけていたんだということが分かってきた。

「今すぐ!」という想いは現実化を遠ざける

今すぐ病気から回復したい!

今すぐ彼女欲しい!

今すぐセックスしたい!

今すぐ VAIO Duo13 欲しい!

今すぐ エスプレッソマシン 欲しい!

今すぐピアノ弾けるようになりたい!

今すぐ上手に絵を描けるようになりたい!

 

「今すぐ欲しい!」「今すぐしたい!」「今すぐなりたい!」というような気分が強いと、却って現実化を遠のける。

 

「今すぐ欲しい!」ということは「今は持っていない!」ということも同時に宣言していることになる。

「今すぐ欲しい!」という願いが強烈であればあるほど「今は持っていない!」という現実が強烈に引き寄せられるということだ。

この想いが強烈になりすぎると、「全く手に入らない」「全くできない」「全くなれない」という状況になりやすい。

 

望む現実は決して、努力して手に入れるのではなく、努力して出来るようになるのではなく、努力してそうなるものでもない

のんびりと自然と手に入ることを楽しむプロセスなんだ!

 

「欲しい」と感じることはすでに手に入れている

引き寄せの法則によると「欲しい」や「したい」や「こうなりたい」と心惹かれることは、実は未来のどこかで確実にそうなっていると教えられている。

それに気付くと、単に必要なものが必要な時期にやって来るのをのんびりと楽しみながら待っていればいいだけになる。

まさに「果報は寝て待て」の境地。

 

ピュアな「欲しい」「したい」「こうなりたい」という想念に「今すぐ!」などの雑念を乗っけてしまうと、現実化の道のりを険しくしてしまう。

 

努力不要で単に、やってくるのを待つだけでいいんだ。

そうすれば、不思議と魔法のように必要なときに必要なお金・物・環境・状況など、すべてはやってくる!ようになって、それがむしろ当たり前になる!

そうなると意識的に現実を変えられるから楽しい♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。特にはてなブックマークで元気爆発します(笑)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ