ページの先頭へ戻る
統合失調症は治る病気です。


PVアクセスランキング にほんブログ村

何かを乗り越えた人のアドバイスが有難い!

2013/04/26

4月の一週間の僧侶の修行は本当に緊張した。

合掌している手が震えたり、顔が小刻みに動いたり・・・。

緊張するのはそれだけ真剣に取り組んでいる証拠だと思っているから悲観することではないのだけど、それにしてもこの緊張感の中でずっとやっていけるのかと不安になったりもした。

そういう話を先輩の僧侶にすると「経験があってもやはり緊張はするけど、その緊張を保ちつつ力をフッと抜く感覚が分かるようになってきた」という言葉を頂いた。

今回の修行で1番心に残った言葉で、僕の想念体系を変えるものとなった。

それは「緊張からフッと力を抜く」に留まらず、抑圧された感情に対しても、また普段の思考に関してもフッと力を抜くことが楽になる道なんだと繋がっていった。

 

統合失調症になることはステキなこと!

僕は発病後17年経った今は「統合失調症になることはステキなこと!」という現実を見ている。

僕がこうしてブログに回復までの記録であったり、その間の心理的な変化であったり、書くことは、予想以上に多くの人の希望となることが分かった。

 

僕が17年かけてたどり着いた「統合失調症になることはステキなこと!」という思考を、僕が共有することで10年でたどり着く人が生まれるかもしれないし、そういう人が増えると、あまり苦しまず1年ぐらいで「統合失調症になることはステキなこと!」と感じる人が増えるようになって、統合失調症になることは「絶望」や「お先真っ暗」や「暗闇」ではなくて、新世代の人類になるための福音のようなものだと感じてくれる人が多くなるかもしれないし、それは僕の理想でありまた夢かもしれない。

 

ブログランキング参加しています。1日1回応援クリックしてね♪(*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
サイトの引用・リンクはご自由に♪

ぽちっと押して下されば元気がでます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
お願い♪contents Lineスタンプ「あいさつぶた」